指原、最恐妻たちの小うるさい“男選びの条件”の数々に…「結婚できない!」

[ 2019年5月8日 23:26 ]

指原莉乃
Photo By スポニチ

 タレントの指原莉乃(26)が8日、日本テレビのトークバラエティー「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)に出演。アイドル卒業で恋愛解禁になったことで、“男選び”に関し“最恐妻”たちからアドバイスを受けた。

 今回は指原がHKT48を卒業し形式的には恋愛解禁になったこともあり、先人たちからアドバイスをもらう企画。そこには野々村友紀子(44)、ギャル曽根(33)、羽野晶紀(50)といった、いずれ劣らぬ個性的な妻たち、さらに番組レギュラーのSHELLY(34)も加わった。

 4人は指原のために“気をつけるべき男”をリストアップ。「一人暮らし未経験男」「家に入れない男」「自己啓発本をたくさん読む男」「車の運転ではオラオラ男」「『家庭的な子が好き』っていう男」「自撮り命男」「筋トレ偏り男」「(身の丈に合わない)高級車男」など、字面を見ただけで納得できるものが多数見られた。

 しかし中には「空手やってた訳でもないのに、返事が『ウッス』の男」「イクメンアピール男」「むやみやたらに弾き語る男」「スキーウエアが普段着男」など、明らかに個人の好みによるものも。野々村の「ごっついスキーウエアは嫌!」のアピールにはスタジオ中が笑いに包まれた。

 特に指原の反応が大きかったのが、SHELLYの「代理謙遜する男」。例えば、彼女連れで人に会った際、相手から「美容室で働いてるんですか?へぇ、スゴ~い」と言われたことに対し、「いやいやいや、アシスタントだからコイツ」と彼女の代わりに謙遜をするというもの。SHELLYの名演技もあって、指原は思わずしかめっ面で「ウッザ!」とこぼしていた。

 「チュートリアル」徳井義実は「言い方にもよるけど、彼女・奥さんだから言ってまうみたいなとこない?」と男側の気持ちも代弁。ただSHELLYは、なんで代わりに答えるかが分からない」と理解に苦しむばかり。徳井はさらに「日本に昔からある“嫁を褒めへん文化”みたいなのあるやん。自分の周りのものは褒めへんっていう…」と説明していた。

 この後も4人の妻から次々と飛び出す“男選びの条件”。指原は「こんなん1時間聞いてたら、結婚できない!」と思わず嘆き節。すべてを聞いた徳井は「これ(男選びの条件)全部チェック入れたら“検索結果0件です”ってなる」と、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年5月8日のニュース