Sexy Zone 令和初公演「新時代トップ取る」ファンと触れ合いも

[ 2019年5月3日 04:00 ]

フォトセッションで笑顔のSexy Zone。(左から)菊池風磨、佐藤勝利、中島健人、マリウス葉(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 Sexy Zoneが2日、全国ツアーの横浜アリーナ公演を行った。

 新元号令和になって最初のコンサートで、1万5000人の前でデビュー曲「Sexy Zone」など34曲を披露。佐藤勝利(22)は同曲の歌詞にちなみ「“時代を創ろう”と言ってデビューしたグループなので、新しい令和の時代でトップを取れるように突き進んでいきたい」と抱負を述べた。

 ファンがひときわ大きな盛り上がりを見せたのが「恋がはじまるよーー!!!」で見せた小学生のコスプレ。4人が黄色い安全帽をかぶり、ランドセルを背負って楽曲を披露。中島健人(25)は「コスプ“レイワ”ーです。童心に帰って、初心忘るべからずということで」と元号「令和」を使ったジョークを交えて話した。

 ファンとの触れ合いをテーマに、コンサートで3年ぶりに設置した外周の花道をメンバーが駆け回り、客席に降りて歌唱する場面も。菊池風磨(24)は「新しい姿を見せられるように、これからもいろんなことに挑戦したい」と意欲を見せた。中島は1曲目から決めゼリフ「セクシーサンキュー」を披露するなど全開で「ファンの皆さまと触れ合う中でセクシーという文化が生まれる。新たな時代でもセクシーを大事にしていきたい」と意気込んだ。

 3月から今月25日まで9都市で32公演を行い、グループ史上最多の34万8000人を動員する。横浜アリーナでは6日まで5日間で9公演を行う。

 ≪ヒガシ先輩&櫻井先輩駆けつけた≫会場には事務所の先輩、東山紀之(52)と嵐の櫻井翔(37)が訪れた。東山は3月放送のフジテレビドラマ「砂の器」で中島と共演。Sexy Zoneのライブは初めて見たといい、「“こういう世界観なんだ”と楽しめました。令和が彼らの時代になると思うので、応援していきたいですね」と感想を語った。櫻井は「僕らもドームでライブをできるようになるまで、7年くらいはアリーナで育ててもらった。今日はたくさんの人に愛される後輩の姿を目の前で見られてうれしかったです」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月3日のニュース