肘井美佳 ハリウッド女優、交際1年一般男性と「令和婚」

[ 2019年5月2日 05:30 ]

令和初日の1日に結婚した肘井美佳
Photo By 提供写真

 テレビドラマ「牙狼―GARO―」などでヒロインを務めた女優の肘井美佳(36)が、1日に一般男性と結婚したことが分かった。この日、都内の区役所に婚姻届を提出。挙式・披露宴は未定で、妊娠はしていない。

 相手の男性とは共通の知人を介して知り合い、約1年前から交際。令和婚の理由を「私たちは平成で出会い、互いに絆を育んできました。新元号令和の始まりの喜びとともに、夫婦という新たな形で関係を築いていける喜びを大切にしたいと思い、この日にしました」と説明した。

 09年にはハリウッド映画「NINJA」にヒロイン役で出演。現在はBSフジ「勝手に!JAPANガイド」にレギュラー出演中で、結婚後も仕事は続ける。最愛のパートナーとともに「よりいっそう、精力的に取り組んでいきたいと思います」と気持ちを新たにした。

 ◆肘井 美佳(ひじい・みか)1982年(昭57)10月13日生まれ、福岡県出身の36歳。法政大在学中の01年にタレントデビュー。04年に映画「ニワトリはハダシだ」で、女優デビュー作にして主演を務めた。昨年は舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」に出演。1メートル59、血液型AB。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月2日のニュース