NGT48 盛り上がり欠くチーム解散後初のステージ 山口真帆は不参加も「まほほん」コール

[ 2019年4月27日 16:28 ]

<AKB48グループ春のLIVEフェス>熱唱するNGT48のメンバー(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 メンバー山口真帆(23)への暴行事件や、その後の対応で混乱が続くNGT48が27日、山口らメンバー3人の卒業発表後初めて、公の場に登場した。

 神奈川・横浜スタジアムで開幕した「AKB48グループ 春のLIVEフェス」に出演。中井りか(20)荻野由佳(20)本間日陽(19)ら17人が、NGT48選抜として登場した。17人は山口らの卒業発表前に発表されており、山口や、ともに21日に卒業発表した菅原りこ(18)長谷川玲奈(18)は出演していない。

 NGT48の登場時は、降ったりやんだりの悪天候に冷たい風が吹く寒さも加わり、アリーナエリアの3分の1は空席だった。オープニングではメンバーが力強く拳を振り上げながら、新潟の観光地や名産品などを歌った「NGT48」を披露した。一部の熱心はファンは懸命にコールを挙げたり、ペンライトを振って盛り上げていたが、全体的にコールもまばらという、今ひとつな反応。逆に、山口を激励するかのような「まほほん(山口の愛称)」コールが一部で起こった。

 主要メンバーの卒業発表後だったが、3人の卒業や騒動について触れることはなかった。

 同フェスには、国内の全48グループが出演。グループやユニットごとに大小5つのステージでパフォーマンスを行う音楽フェスのようなスタイルで、48グループでは初の試みとなる。NGT48はグループとしての出演のほか、序盤には解散したチームGのキャプテンで、山口のチームメートだった本間がソロステージに立ち、グループの代表曲「Maxとき315号」や、シングルの自身初センター曲「春はどこから来るのか?」などを歌った。2期研究生「2ki」もステージを行った。

 山口は昨年12月、自宅を男性ファン2人に襲撃され、顔をつかまれるなどの被害を受けた。山口は、ファンの私的つながりがあるメンバーがいることを暴露し、事態改善を訴えていた。ところが、運営会社AKSの対応が後手後手に回った上、第三者委員会でもメンバーへの処分は不問に。今月21日のチーム千秋楽公演で山口は「社長には『不起訴になった。イコール事件じゃないってことだ』と言われ、そして『今は会社を攻撃する加害者だ』とまで言われています」、「目をそらしてはいけない問題に対して、『そらせないなら辞めろ。新生NGTを始められない』というのが、このグループの答えでした」「今の私がNGTのためにできることは、卒業しかありません」などと話し、グループ卒業を発表した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月27日のニュース