福山雅治の平成の思い出は…台本になかった緒形拳さんのビンタ

[ 2019年4月1日 06:45 ]

「集団左遷!!」制作発表に出席した(左から)三上博史、福山雅治、香川照之、神木隆之介
Photo By スポニチ

 福山雅治(50)が31日、都内でTBSの主演ドラマ「集団左遷!!」(4月21日スタート、日曜後9・00)の会見に出席した。

 「平成最後の下克上」と銘打った作品にちなみ、平成を振り返った福山。1992年の同局ドラマ「愛はどうだ」での、主演の故緒形拳さんとの思い出を披露した。「台本にないビンタをされたんです。いじめでもなくて、僕が何もできない人だったので、反応を引き出してくださった。緒形さんのおかげで、芝居が楽しいと思えた」と感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月1日のニュース