坂本冬美 52歳“前夜祭”コンサート「元気で歌えることが何よりも幸せ」

[ 2019年3月30日 05:30 ]

スペシャルゲストのマルシア(右)とともに笑顔を見せる坂本冬美
Photo By スポニチ

 歌手の坂本冬美(52)が誕生日前日の29日、東京・代々木上原のけやきホールでスペシャルコンサートを開催した。

 昨年末、恩師である故猪俣公章さん(享年55)の作品をカバーしたアルバム「ENKA3~偲歌~」をリリース。その発売記念としてファン150人を招待し、「火の国の女」など全10曲を披露。アンコールではスペシャルゲストとして歌手のマルシア(50)が登場し、2人で「大阪ラプソディー」を熱唱した。

 52歳を迎える坂本は「歌を愛する気持ちと、元気で歌えることが何よりも幸せ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月30日のニュース