梅宮辰夫 今年に入り萩原さんと寿司店でバッタリ「元気か?」に「元気じゃない」

[ 2019年3月30日 08:10 ]

萩原健一さん死去

萩原健一さん=2016年7月撮影
Photo By スポニチ

 「前略おふくろ様」で萩原さんと共演した俳優の梅宮辰夫(81)は「演技は実に個性的だったし、見習うことは多かった。俺のような、ある意味で昭和の役者とは全く違って、とにかく演技が新鮮なんだよ。ズバ抜けた感性を持っていた」と悼んだ。

 今年に入って、行きつけの都内の寿司店で偶然会った。何十年ぶりだったといい、梅宮が「元気だったのか」と聞くと「元気じゃないですよ」と萩原さん。「そうか、大事にしろよ」と声をかけ「今度、一緒に寿司でも食いに行こうや」と言ったばかりだったという。

 「前略…」の当時を振り返り「俺に対しての礼儀は良かったしキチンとしていた。彼は何事に対しても節度があった」と人柄をしのんだ。

 ≪「病気のことは知らなかった」≫萩原さんが演じた主人公の先輩板前役を演じた小松政夫(77)は「ギラギラした、個性的なひらめきを強く持っていた人」と語った。撮影の合間に共に料理の練習を重ねた間柄。「セオリー通りの芝居はしないという感じ」と印象を語った。「病気のことは全然知らなかった」としつつ「大変驚きました。ただでは死なないと思ってましたからね」と言葉を詰まらせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月30日のニュース