南キャン山里 しずちゃんとの関係“劇的改善”も「直してほしい」タブー発言が発覚!?

[ 2019年3月28日 23:00 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が27日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。相方・しずちゃん(40)との飲んだ日のエピソードを語った。

 ある日、山里が飲んでいたところ、「今、しずちゃんがここで飲んでる」との情報をキャッチ。「ちょっと合流するかね」と話がまとまったという。一時は山里の嫉妬から険悪な関係となっていた時期がウソだったような現在の2人の姿。山里も「そうよ。そんなんなりましたよ。ウチのコンビも」と感慨深げだった。

 合流した先ではお笑い芸人やスタッフたちが大勢で飲んでいた。山里はよほど楽しかったのか、いつも通りに飲みすぎてヘベレケ状態に。気づいた時にはなぜか家に帰っていたという。

 後日、しずちゃんと顔を合わせた山里が「お疲れ、しずちゃん。ありがとうね。楽しかった?」と声を掛けると、「うん、楽しかったわ」と返すしずちゃん。ただ、山里はほとんど記憶がなかったため「ごめん。俺、めちゃくちゃ飲んじゃったんだけど、迷惑とかかけてない?」と尋ねると、「いや、別に」との答えが返ってきた。

 ホッと胸をなでおろす山里だが、しずちゃんは「ただ…」と続きがある様子。続けざまに「1個だけ次飲む時に直してほしいことがある」と切り出してきた。

 それは「私にしゃべる時、山ちゃんが絶対言うセリフがある。『俺たち人間は…』っていうのやめてくれない?」といったこと。「私がそう(人間)じゃないように聞こえるから。次からはやめて」と念を押されたという。無意識のうちにしずちゃんを傷つけてしまう、さすがは山里といったところか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年3月28日のニュース