衝撃写真…カイヤ担当医証言 全身に“DV後遺症”、真冬に「下着姿で駐車場放置」も

[ 2019年3月20日 08:00 ]

カイヤの太腿やふくらはぎのあざ
Photo By 提供写真

 【恐妻家・麻世&鬼嫁・カイヤ 衝撃の真相<2>】芸能界を代表する「恐妻家と鬼嫁」の川崎麻世(56)カイヤ(56)夫妻の実像は、実態を反転した“鏡像”だったのか――。

 「鬼の所業を繰り返していたのは麻世さんの方です」と断じるのは、夫妻と結婚当時から親しかった佐藤裕子さん(53)。外資系証券会社に勤務する中「本当の実像を伝えたい」と実名での告白を決断した女性だ。

 「麻世さんからのDVに初めて気付いたのは30年前の結婚後まだ間もない、斉藤由貴さんとの不倫報道が出る前で。口の端が切れてアザができていたので、驚いて聞くと“転んだの…”と話したくない様子だった。それが今度は目の周り、それも両目がどす黒くうっ血している時があって。その時は“どうしたらいい?”と、麻世さんに殴られたことを明かしていました」

 一番驚いたのは「真冬に上半身裸にして駐車場に放置していた時だった」という。「夜中に突然“ユウコ、私いま裸なの。急いで来てくれない?”って電話があって。当時お2人は自宅から離れた所に駐車場を借りていて、指示通り行くと車内で上半身の服を脱がされ下着姿のカイヤさんがいて。キーが抜かれた状態だからエアコンもつけられず、寒い中ひとけがなくなるのを待って、下着姿で公衆電話まで行って助けを求めてきたんです」

 当時カイヤからは「また、ブーツで足先をガーンと踏みつけられた。痛くて眠れない。人前だと殴れないから足を狙うんだと思う」とも聞いていたという。スポニチ本紙で確認したところ、カイヤはこれが原因となったとするケガに現在も悩み続けており、爪がはがれたまま付け根から腐っている状態。医師の診断では爪甲鉤弯症(そうこうこうわんしょう)といい、多くはカイヤのような外傷が原因という。

 本紙はDVと疑われる写真を入手。カイヤが通った都内の病院。腕や足など全身にいくつものアザがあることが分かる。担当医は取材に「当院の処置が原因でないことを確認するため当時撮影したもので、明らかに暴行を受けた痕跡でした。当時は原因を教えてくれませんでしたが、信頼関係が築けた後に“主人だ”とうかがいました。もちろん暴行場面を見たことはありませんが、精神的にもつらかったようです」

 全身のアザについては夫妻を約30年前から知る米国人、トッド・マクドナルドさん(54)も「15年ほど前だが、トレーニングジムで見た。麻世にお金をあげないと殴られると言っていた」と証言する。川崎の代理人は文書で「川崎氏による虐待・DVは存在しない」と強く否定する。

 では鬼嫁の全身になぜ殴られたアザがあるのか。鬼が別にいることだけは間違いない。(特別取材班)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月20日のニュース