ピエール瀧容疑者、大麻は「20代のころから」 取り調べで供述

[ 2019年3月16日 05:30 ]

ピエール瀧容疑者
Photo By スポニチ

 瀧容疑者が「20代のころからコカインや大麻を摂取した」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。関東信越厚生局麻薬取締部は、瀧容疑者に常習的な使用の疑いがあるとみて捜査。大麻取締法違反に当たる可能性もあり、供述の裏付けを進める。

 捜査関係者によると、瀧容疑者は逮捕後、コカインの使用は「間違いありません」と容疑を認めている。取り調べには素直に応じており、他に「夜はよく眠れているが、食欲はあまりない」などと話している。

 始めたのが20代なら、以降も続けていた可能性もあるが、元麻薬取締官の高濱良次氏は「20年以上常用して隠し通せるのは信じられない。使い続ければ大量に汗をかいたり、情緒不安定になる」と指摘する。瀧容疑者は調べに「使ってない時期もあった」とも話しているという。

 ただ、アッパー系のコカインとダウン系の大麻を併用するのは薬物常用者の中では上級者の使用の仕方として知られている。

 瀧容疑者のコカイン使用について、麻薬取締部が逮捕当日の今月12日と、2日前の10日までさかのぼって捜査していることも判明。10日は瀧容疑者が音楽ユニット「電気グルーヴ」で大阪公演を開催した。12日には「いだてん」の収録に参加。帰宅した午後6時ごろに任意同行を求められ、尿検査でコカインの陽性反応が出たため逮捕された。同部は使用の目的や動機とともに調べを進めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月16日のニュース