矢野顕子 NYから駆けつけ小田和正と共演!カバー秘話「原曲のかけらもない(笑)」TBS「風うた」

[ 2019年3月8日 05:00 ]

小田和正(左)がホストを務める音楽特番「風のようにうたが流れていた」の収録に参加した矢野顕子(C)TBS
Photo By 提供写真

 シンガー・ソングライターの小田和正(71)がホストを務めるTBSの音楽特番「風のようにうたが流れていた」(29日深夜0・20〜1・50)の収録が6日夜、小田の母校・聖光学院中学高等学校ラムネホール(横浜市中区)で行われ、シンガー・ソングライターの矢野顕子(64)が小田のTBS音楽特番に初参加した。米ニューヨーク在住30年になるが、今回の収録のために来日。オフコース時代の小田の楽曲のカバーをめぐり、爆笑トークを繰り広げた。

 2001年にスタートし、17年まで毎年開催された冬の風物詩「クリスマスの約束」が昨年は放送されず。代替番組を制作するとして今春に延期されたが、小田が中学・高校6年間を過ごした母校への凱旋となった。「風のようにうたが流れていた」は04年10〜12月にTBSで放送された小田初のレギュラー音楽番組(全11回)と同じタイトル。同番組のテーマ曲でもあり、05年のアルバム「そうかな」に収録されている。

 番組サイドは「今回は2001年以来、毎年お届けしている小田さんとの企画を春に放送することになりました。スタッフと小田さんは年の瀬にお届けする『クリスマスの約束』とは異なる趣を視聴者の皆さまに感じていただけるようなライブをお届けしたいと考えました。『風のようにうたが流れていた』の響きは、そうした思いを相応しい気がしています」と説明した。

 矢野のほか、ゲストは「スターダスト・レビュー」の根本要(61)「SING LIKE TALKING」の佐藤竹善(55)「TRICERATOPS」の和田唱(43)「スキマスイッチ」の大橋卓弥(40)常田真太郎(41)「いきものがかり」の水野良樹(36)、JUJU、矢井田瞳(40)熊木杏里(37)女優の杏(32)。

 序盤、グランドピアノがステージに運ばれると、小田は「ピアノが出てくると、私が歌いそうですが、そうではありません。もう1人のゲストを紹介したいと思います。皆さん、喜んでくれると思います。私もとってもうれしいです」と矢野を呼び込んだ。矢野が現れると、約1500人の観客からはどよめき。小田は矢野とハグを交わし「本当に古い知り合いなんですが、今まで会っても一言二言交わすぐらい。今回は初めていっぱいしゃべっています。その話の1つ1つが僕は本当に楽しい」と喜んだ。矢野は「クリ約」17回と今回の「風うた」、18回を通じて初参加。

 小田が「あっこちゃんは昔から人の曲をカバーしていますが、何かきっかけがあったんですか?」と尋ねると、矢野は「自分にとっては、自分で作った曲も人の曲も同じ素材だと思っているので。小田さんの曲も随分なことをさせていただいて」。矢野によるオフコースの名曲「Yes―No」のカバーを聴いた時のことを思い出し、小田は独特のアレンジをする矢野のモノマネをしながら「♪今なんていったの」とワンフレーズを口ずさみ「驚きましたね」と場内の笑いを誘い、矢野に「Yes―No」のピアノ弾き語りを促した。

 矢野によるカバーが即興演奏され、小田は「いやいや〜。僕はね、こんな『Yes―No』があるのかと思いまして。(矢野に)近づかないようにしようと思いました」とジョーク。「私、絶対、怒られるだろうなと思って」と明かす矢野に、小田は「怒らないですが、ビックリしました。その後、『夏の終り』という曲もカバーしていただいて。もう素晴らしいアレンジ」と振り返った。

 矢野「もう1曲、カバーしているのよ」

 小田「何?知らない」

 矢野「YES―YES―YES」

 小田「ウソ?」

 矢野「えっ?知らない?」

 小田「あー、もっと(アレンジが)凄いやつね。凄いやつでしょ?」

 矢野「もう、原曲のかけらもない(笑)。あれはひどい(笑)」

 2人のやり取りに、会場は爆笑に包まれた。小田はギターを手に「とりあえず1曲やりましょうか」とピアノの矢野と、フジテレビ「やっぱり猫が好き」のテーマ曲としても知られた矢野のシングル「David」(1990年)を披露した。矢野とのコラボは計2曲。小田は「貴重な時間を過ごさせていただきました。また何か一緒にやろうね。お元気で。遠くから来ていただきました」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月8日のニュース