郷ひろみ×GO華30人ビッグバンド クラシック聖地で熱唱

[ 2019年2月28日 06:30 ]

ビッグバンドを背負い、熱唱する郷ひろみ(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 郷ひろみ(63)が27日、クラシック音楽の聖地として名高い東京文化会館(台東区)で、一夜限りの特別コンサートを開いた。

 黒のタキシード姿の郷は、30人のビッグバンドを背負って歌唱。ダンサーに加え、アクロバットや華道のパフォーマーも登場する総勢70人の豪華ステージ。ヒット曲「言えないよ」はコーラスを交えて壮大に歌い、最後はプラネタリウムで天井に星空を映しだした。

 全国ツアーとディナーショーを40年続けているが「3本目の柱をつくりたい」と3年前から構想を練ってきた。曲に集中してもらうため、定番の衣装替えもなし。郷は手応え十分で「残念なことは、僕がショーを見られないこと。やってみて素晴らしいショーだと思った」と話し、63歳の初挑戦は大成功だった。

 また「新御三家」としてともに人気を集めた野口五郎(63)が初期の食道がんで手術を受けたことについて「早い時期に処理ができたと聞いて安心している。僕も気をつけたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月28日のニュース