「昭和元禄落語心中」漫画家が「いだてん」イラスト公開!「ハマってます」

[ 2019年2月8日 23:15 ]

漫画家の雲田はるこさんが描いた「いだてん」イラスト(C)雲田はるこ
Photo By 提供写真

 人気漫画「昭和元禄落語心中」を手掛ける漫画家の雲田はるこさんが8日、NHK大河ドラマ「いだてん」の登場人物イラストをドラマ公式サイトに公開した。

 魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、累計200万部を突破した「昭和元禄落語心中」。昨年、同局でドラマ化され注目を集めた。

 「いだてん」ではビートたけし(71)が「落語の神様」古今亭志ん生、劇作家で俳優の松尾スズキ(56)が志ん生の最初の師匠・橘家円喬、俳優の森山未來(34)が若い頃の志ん生を演じており、「落語」が縁で雲田さんがイラストを寄稿した。

 「いだてん、めちゃくちゃ面白いです。ハマってます。明治の浅草、志ん生の落語とお家。昭和の人々と建物。元気の権化みたいな人々。好きなものしかありません。主演の中村勘九郎さんと中村屋ご一家を滅法贔屓(ひいき)しているのもあって、第一回から楽しみに拝見してます」とコメント。

 「(金栗)四三の素直なところ、毎週見られる精悍(せいかん)な肉体。(嘉納)治五郎先生の頼もしさ。“元気の権化”元気な人々、いい言葉。衣装と街。それと、志ん生さんが大事な役どころで出ていますね。志ん生の大河でもあるのです。ビートたけしさんのたたずまい、しゃべり方、存在感が志ん生そのものでうれしくなります。この複雑で痛快で楽しいお話をゼロから作って描ききったら、さぞ気持ちいいだろうなと思って、作家としても憧れの眼で見ております」と脚本を手掛ける宮藤官九郎(48)に賛辞を送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月8日のニュース