セルライトスパ肥後に第1子女児誕生「鼻が僕に似てる」、夫人は社長令嬢

[ 2019年1月31日 05:00 ]

生まれたばかりの第1子を抱く「セルライトスパ」肥後裕之
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「セルライトスパ」の肥後裕之(33)が30日、第1子の誕生をスポニチ本紙に明かした。妻・明日香さん(32)が兵庫・西宮市内の病院で同日午後2時14分、2648グラムの女児を出産。母子ともに健康だという。「鼻が僕に似てる。名前は寧々(ねね)に決まりました」と報告した。

 15年11月、社長令嬢の明日香さんと結婚。肥後の新婚当初の月収は8万円で、“逆玉婚”“格差婚”“ヒモ芸人”とイジられた。16年に「ABCお笑いグランプリ」で優勝し、現在は関西でラジオのレギュラー番組を2本持つなど収入も安定。妻の実家の支援に頼らず生活できるようになった。

 大みそか深夜の日本テレビ系「ぐるナイ おもしろ荘2019 若手にチャンスを頂戴!今年も誰か売れてSP!」で2位に輝いた反響は大きく、かつてない手応えを得た。2019年は幸先のいいスタートを切ったが、一つ不満があるという。「優勝したペコパと、ベスト3に入らなかった夢屋まさるが“ゴチになります!”に出演してた。ナイナイさん、僕ら呼ばれてないですよ?準備できてますけど」と訴えた。

 実は相方・大須賀健剛(34)も半年前に女児が生まれており、2人そろって新米パパ。「妻子を養うためにもマジで頑張らんと」と切実な思いを口にした。「目標は3月のytv漫才新人賞で優勝して、M―1も制覇。昨年の霜降り明星と同じコースで、全国区の漫才師になります!」と宣言した。

 ちなみに自身の娘と大須賀の娘は、同級生だ。「生まれる前は、取材用のリップサービスで“相方の子とうちの子でコンビ組んで、M―1出場させます”って言おうと考えてた」と告白。だが、実際にわが子を抱くと「そんなわけない!冗談でも言いたくない」と気が変わった。「将来、芸人の彼氏を連れてきたら?…ないです、絶対許しません!」と自身の事は棚に上げ、声高に叫んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月31日のニュース