田中みな実アナが本格女優デビュー「時として窮屈で恐怖すら…」2月開始のフジ系「絶対正義」

[ 2019年1月16日 07:00 ]

フジテレビ系ドラマ「絶対正義」で本格女優デビューする田中みな実アナ
Photo By 提供写真

 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が、本格女優デビューする。2月2日スタートのフジテレビ系ドラマ「絶対正義」(土曜後11・40)に、主人公の友人役で出演。TBSアナウンサー時代に“チョイ役”でのドラマ出演はあるが、レギュラーは初となる。

 読後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス小説」を代表する作家の一人、秋吉理香子さんの同名小説が原作。「絶対正義」を貫く女が、高校時代の友人を翻弄(ほんろう)する心理サスペンス。主人公は山口紗弥加(38)演じる範子。間違ったことや法を犯すものを許さない“最恐主婦”で、ターゲットとなる友人の一人が田中が演じる麗香だ。

 麗香は子役からタレントに転身し、今は女優として活躍する女性。妻子ある男性と不倫関係にあり、範子との再会により日常にほころびが生じる。高校時代に望まぬ妊娠をした際、範子に助けられた過去を持つ。

 華やかさや色っぽさはありつつも、どこか苦悩や影を感じさせる大人の女性。こうしたキャラクター像に合わせての起用で、制作側は「想像以上のナチュラルなお芝居に度肝を抜かれると思う」と自信を見せた。

 人それぞれの「正義」から外れていると見なされた者が、SNSなどで徹底的に叩かれる時代を象徴するようなドラマ。田中は「台本を読み、正義とは何だろう?と考えさせられました。正しくあろうとすることは間違っていない。しかし、正しすぎる人のそばにいるのは、時として窮屈で恐怖すらも覚える…。妙な感覚を覚えました」と明かした。

 1クールに12、13本の連ドラを見る大のドラマ好き。「山口さんは多くの作品に出演されていて、ドラマ好きの一視聴者としてもとても好きな女優さん」と共演に大喜びしていた。

 ◆田中 みな実(たなか・みなみ)1986年(昭61)11月23日生まれ、埼玉県出身の32歳。青学大文学部卒。米国育ちの帰国子女で、09年にTBS入社。「サンデージャポン」「サタデーずばッと」などに出演し人気を集めた。14年に退社、フリー転身。TOKYO MXの情報番組「ひるキュン!」のMCを務めている。1メートル53、血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年1月16日のニュース