井浦新 阪神大震災描くドラマ主演「若い世代にどう伝えるか」

[ 2019年1月13日 09:11 ]

阪神・淡路大震災の「1・17希望の灯り」を訪れた井浦新
Photo By スポニチ

 俳優の井浦新(44)が12日、神戸市内にある阪神大震災の復興シンボル「1・17希望の灯り」を訪れ、フジテレビ系主演ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」(15日後9・00)の取材会を行った。

 震災で線路ごと崩落したJR六甲道駅の復旧に挑んだ男たちと神戸の人々を描く作品。東京で生まれ育ち、震災当時はモデルとして芸能活動を始めたばかりだったという井浦は「いろんな方の話を聞かせていただいて、役を通して追体験し若い世代にどう伝えるか。このドラマを見て若い人たちがどう感じるのかにも興味がある」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月13日のニュース