欅坂46 平手友梨奈の欠場決定 センターは小林由依に

[ 2018年12月30日 05:30 ]

「第69回NHK紅白歌合戦」リハーサル

リハーサルを行った欅坂46。(前列左から)土生瑞穂、渡辺理佐、菅井友香、小林由依(前列左から)守屋茜、小池美波、長浜ねる
Photo By スポニチ

 欅坂46はセンターの平手友梨奈(17)が欠場することになった。リハーサル後にキャプテンの菅井友香(23)が明らかにした。

 平手は左仙腸関節捻挫などによる仙腸関節不安定症などでダンスを伴う活動を休止中。菅井は「今は治療に専念してもらって、いち早く一緒にできるようになってほしい」と話した。代わりにセンターを務める小林由依(19)は「メンバー全員で練習して、平手の分まで頑張りたい」と力強く語った。

 昨年の紅白では、パフォーマンス直後に鈴本美愉(21)らが過呼吸のような症状に陥りステージ上でダウン。菅井は「心配をおかけしてしまったが、今年も出させていただいた。感謝を伝えられるステージにしたい」とリベンジを誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月30日のニュース