中谷美紀の夫フェヒナー氏 ケガで来日できず謝罪「無念」フィルハーモニクス日本公演

[ 2018年12月14日 23:51 ]

 女優の中谷美紀(42)との結婚を11月27日に発表したドイツ人のビオラ奏者ティロ・フェヒナー氏(50)らによる7人組アンサンブル「フィルハーモニクス ウィーン=ベルリン」の日本公演が14日、東京・池袋の東京芸術劇場でスタート。フェヒナー氏はケガのため、来日できなかったことが分かった。

 公式サイトはこの日までに「12月14日より日本公演を予定しております『フィルハーモニクス ウィーン=ベルリン』のヴィオラ奏者ティロ・フェヒナーは、怪我のため出演ができなくなりました。フェヒナーの出演にご期待くださいましたお客様には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。フィルハーモニクスは、フェヒナーの演奏部分をメンバー6人で担いながら予定通りコンサートを行います」と伝え、謝罪した。

 フェヒナー氏もコメントを寄せ「突然の予期せぬ怪我により、コンサートに参加できず、申し訳ございません」と謝罪。「2年前の日本ツアー以来、私が誇りとするPhilhamonixのメンバーと共に、大好きな日本で再び演奏できる日を誰よりも心待ちにしておりましたので、無念でなりません。いかなる無理難題にも果敢に挑戦する6人の優れたメンバーたちが、私の不在を補って、皆様に楽しんでいただけるよう、最高のパフォーマンスをご披露いたしますので、ぜひ最後まで楽しんでください」と呼び掛けた。

 「フィルハーモニクス」は15日に埼玉・熊谷文化創造館、16日に神奈川・大和市文化創造拠点で公演を行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年12月14日のニュース