霜降り明星・粗品 2冠目・R―1獲りに意欲!相方も太鼓判「こいつ、獲りますよ」

[ 2018年12月14日 21:37 ]

体験型ナイトウォーク「SAKUYA LUMINA(サクヤルミナ)」の内覧会に出席し、大阪城天守閣下でポーズをとる(前列左から)中田ボタン、中田カウス、霜降り明星・せいや、粗品
Photo By スポニチ

 「M―1グランプリ2018」で優勝した霜降り明星のツッコミ担当・粗品(25)は14日、年末から予選1回戦の始まるピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」について「R―1を獲りたいです」と2つめのタイトル奪取へ意欲を見せた。また、相方のせいや(26)も「R―1を獲るなら、ボクでなく相方だと思います。こいつ、獲りますよ」と太鼓判を押した。

 2人は大阪城公園(大阪市中央区)で開催された来場者が野外施設で光や映像を使ったアトラクションを歩いて楽しめる体験型ナイトウォーク「SAKUYA LUMINA(サクヤルミナ)」の内覧会に出席。上方漫才協会会長の中田カウス(69)らとイベントを楽しみ「M―1のセットより輝いてた」とせいや。報道陣からは粗品でなくせいやが「R―1は?」と問われ、せいやは「ネタができれば」。すかさずカウスが「R―1ととろサーモンのことは聞かんといて」とツッコみ、笑いを誘った。

 今年3月に開催された「R―1グランプリ2018」決勝には粗品が進み、せいやも復活ステージから決勝へ。ともにファイナルには進めなかった。M―1で認められた絶妙のツッコミ芸で、粗品が次はピン芸人の頂上を狙う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年12月14日のニュース