ユーミン「ボブ・ディランぽいかも」 「菊池寛賞」贈呈式 ノーベル文学賞連想し「かっこいいかな」

[ 2018年12月8日 09:55 ]

菊池寛賞贈呈式でスピーチする松任谷由実
Photo By スポニチ

 歌手の松任谷由実(64)が7日、都内で開かれた「第66回菊池寛賞」の贈呈式に出席した。

 「心から光栄に思っています」と喜びを語ったユーミン。優れた文化活動に対して贈られる賞で、ユーミンは高い音楽性と同時代の女性心理を巧みにすくい上げた歌詞が高く評価されて受賞した。

 10月に受賞を知らされた時、頭に思い浮かんだのはノーベル文学賞受賞者。「ちょっとかっこいいかな、ボブ・ディランぽいかもしれないと思った」とユニークに振り返った。

 「5分で味わえる短編小説」。曲作りの根底にはその思いがある。45年間で世に送り出した楽曲は、提供作品を含めて600曲を超える。「菊池寛賞を励みにして、これからも細心の注意力、集中力を働かせ、大胆なパフォーマンスを続けていきたい」と誓った。

 この日は加賀友禅の人間国宝・由水十久氏による淡い水色の着物で登場。大みそかは7年ぶりに「NHK紅白歌合戦」に出場する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月8日のニュース