黒澤満さん通夜 「あぶ刑事」出演の舘ひろし涙「ちゃんと恩返しできなかったのが残念」

[ 2018年12月7日 05:30 ]

目に涙を浮かべる舘ひろし
Photo By スポニチ

 肺炎のため11月30日に85歳で死去した映画プロデューサー黒澤満さんの通夜が6日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。舘ひろし(68)、柴田恭兵(67)、浅野温子(57)、仲村トオル(53)ら「あぶない刑事」シリーズのレギュラー陣をはじめ、哀川翔(57)、薬師丸ひろ子(54)、寺島進(55)ら約800人が参列した。

 黒澤さんが最後に手掛けた「終わった人」でモントリオール世界映画祭の最優秀男優賞を受賞した舘は、亡くなった翌日に賞状を持って自宅を弔問。「喜んでくれていたと聞きました。ちゃんと恩返しができなかったのが残念ですが、僕にとっての餞別(せんべつ)になれば…」と涙で声を詰まらせた。

 戒名は「此暁院月光日満居士(しぎょういんげっこうにちまんこじ)」。7日正午から葬儀・告別式が同所で営まれる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月7日のニュース