霜降り明星がV「M−1」 年末の風物詩、注目度高く関東18.8%、関西28.2%の高視聴率

[ 2018年12月3日 10:08 ]

<M−1グランプリ>優勝し、記念撮影する今田耕司、霜降り明星・せいや、同・粗品、上戸彩(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 漫才コンビ「霜降り明星」が史上最年少優勝を果たし、第14代王者に輝いた2日の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」(テレビ朝日系)は、関東地区が平均18・8%、関西地区が平均28・2%と高視聴率をマークしたことが3日、分かった。(数字はビデオリサーチ調べ)

 昨年の視聴率は関東地区15・4%、関西地区24・0%。ともに昨年の数字を上回った。

 瞬間最高視聴率は関東地区が「霜降り明星」が決勝1回戦をトップ通過した午後9時3分と優勝が決定した同57分の22・3%、関西地区が午後9時56分の37・6%だった。

 「霜降り明星」は、激しい動きでボケまくるせいや(26)と、ナレーションを入れるような冷静さで、多彩な言葉でツッコミを入れる粗品(25)のコンビ。敗者復活組を含む10組での決勝1回戦を700点中662点でトップ通過。「和牛」「ジャルジャル」との上位3組による最終決戦では審査員7人による投票で4票を獲得。和牛を1票差で下し、結成5年目にして4640組の頂点に立ち、賞金1000万円を手にした。

 今年の審査員は、オール巨人(67)上沼恵美子(63)サンドウィッチマン・富澤たけし(44)立川志らく(55)ナイツ・塙宣之(40)中川家・礼二(46)ダウンタウン・松本人志(55)(50音順)が務めた。

 また、テレビ朝日は、11月の全日帯視聴率が1位となったことが判明。全日帯の3カ月連続トップは5年7カ月ぶりで開局以来3回目。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月3日のニュース