ガンバレルーヤ・よしこ、下垂体腺腫手術で一時休養 人間ドックで良性腫瘍見つかる

[ 2018年11月16日 22:15 ]

一時休養することが発表されたガンバレルーヤのよしこ
Photo By スポニチ

 女性お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)が「下垂体腺腫」の治療のため、一時休養することが分かった。16日、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。

 事務所は、よしこについて「人間ドックを受診した際にホルモン産生の良性の腫瘍が見つかり、医師と相談した結果、腫瘍を取り除く手術を受けることとなりました」と書面を通じて報告。復帰時期に関しては、術後の経過をみて、医師の判断に従い関係各位と相談の上で調整するとした。

 よしこは「関係各位のみなさま、いつも応援してくださるファンのみなさま。この度は、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。完治させてまた頑張りますので、これからもガンバレルーヤをよろしくお願い致します!」と談話を発表。相方のまひる(25)も「よっちゃんの分も頑張りますので、これからもガンバレルーヤをよろしくお願い致します!」とコメントした。

 よしこはコンビでボケを担当。女優の小雪、広末涼子などの顔モノマネを得意としている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年11月16日のニュース