松本人志 「イッテQ」祭りねつ造疑惑騒動に持論「バラエティ=やらせの考えが嫌い」

[ 2018年11月11日 10:15 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が11日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。週刊文春が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の“祭りねつ造”疑惑を報じたことについて言及した。

 「イッテQ!」では5月20日放送回で、ラオスで開催されているという「橋祭り」を紹介。週刊文春は祭りが番組側のでっち上げ企画だったなどと報じた。これに対し、日テレは企画について「現地からの提案を受けて成立した」と報道内容を否定。橋祭りで使われたセットについても「(番組側が)設置した事実はない」などと疑惑を否定した。

 松本はこの件について「ニュースの写真で(宮川)大輔が使われているのが、かわいそうかなと思いますね」と親交のある後輩芸人を心配。「こういう問題で『バラエティはそもそもやらせだから』って言う人がいますけど、僕はその考えが嫌いで、結構ガチもやってますから」と私見を語った。

 続けて「その国(ラオス)の人からすればそんな祭りやってないのに毎年やっているって言われたら…。もしそれが日本だったら、あまり気持ちが良くないというのは分かりますけど…」とし、最後は「我々、フジテレビと日テレを天秤にかけたら、日テレで仕事したいわけじゃないですか。だからそんなに言えない」と話を落として笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月11日のニュース