梁川奈々美ハロプロ卒業 宮崎「賢い子だから…」 高木「止められず、悔しい」

[ 2018年11月3日 11:21 ]

Juice=Juiceのメンバー(左から)高木紗友希、宮崎由加、梁川奈々美、宮本佳林、段原瑠々、金澤朋子、植村あかり
Photo By スポニチ

 「カントリーガールズ」と「Juice=Juice」を兼任する梁川奈々美(16)が来年3月をもってハロー!プロジェクトを卒業すること発表したことを受け、宮崎由加(24)ら「Juice=Juice」のメンバーが、ブログを通じてコメントを発表した。

 グループのリーダーを務める宮崎は、2日の卒業発表直後にブログを更新し「私の個人的な気持ちとしては今でもずっと、ずっと、卒業して欲しくないって思ってます」と心境を吐露。また「卒業って難しいですね」とし「やなみんは賢い子だからいっぱい考えて決めた結果だと思います」と卒業を決断した梁川に理解を示した。

 一夜明けた3日には、中心メンバーの宮本佳林(19)が「私のことを憧れといってくれる数少ない後輩の1人宮崎です」とコメントした。また「やなちゃんの大人な考えや強さを学ぶばかりで何一つとして先輩として出来たことが無かったんじゃないかなって思います」と後悔の言葉を口にしつつも「やなみん、ずっと応援します!」とエールを送った。

 高木紗友希は(21)は「やなちゃんが決めたことであり、やなちゃんの人生なので、私たちが止めることは出来ないという事実も、少し悔しいというか、もどかしかったです」とつづり、「私も頑張る やなちゃんに負けないように、頑張ろうと思います」と決意を新たにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年11月3日のニュース