サンド伊達が“カロリーゼロ”新理論展開、富澤とWEB動画で銀行ATM爆笑コントも

[ 2018年10月13日 05:30 ]

ローソン銀行のCMとWEB動画に出演するサンドウィッチマン
Photo By 提供写真

 お笑いコンビの「サンドウィッチマン」が15日からWEB公開される動画で、銀行ATMにまつわる爆笑コントを繰り広げる。

 これは、この日のローソン銀行営業スタートに合わせたもの。テレビCMでは「お金をおろしに銀行へ」とさながら大冒険に出かけるかような富澤たけし(44)を見て、そんなに遠くに行かずとも「ローソンに銀行ができて、銀行のATMになった」と伊達みきお(44)が声を掛ける。2人のコントでおなじみのかけ合いも交えながら「マチの使える銀行へ」というメッセージを伝えている。

 WEB動画は5本制作され、銀行の“使える特徴”を、ローソン店舗を舞台にしたコントにして紹介。収録で伊達は、ローソンの看板商品の「からあげクン」をたくさん食べ「まあまあ意外と早めにカットがかかったので。何回もやりたかった。もっと食べたかったですね」と感想を述べた。さらに「カロリーはゼロですね。からあげクンに関してはね」と“新理論”を展開すると、富澤が「あるだろ!」とツッコんだが、伊達は「いや、ありません。ネーミングがかわいいからです。からあげに“クン”ついてるわけですからね。もうかわいいですね。毎日食べてますね。もう、しょっちゅうローソンは行くのでね」と独特の世界観を披露した。

 またチョコ支店、アイス支店などかわいい支店名があるが、あったらいいなと思う支店名は、という問いに伊達は「やっぱりシュークリーム支店とか欲しいですね。あと、我々地元が仙台なんで、ずんだ餅支店とか、牛タン支店とかね。その地域、地域の、食べ物なんかは地域の支店名になったら面白いですね」とローカル色豊かな支店名を希望していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月13日のニュース