映画祭「東京フィルメックス」 木下グループが新たに運営協賛 市山氏「ホッとしている」

[ 2018年10月5日 05:30 ]

「第19回東京フィルメックス」のラインアップ発表会見を行った市山尚三氏
Photo By スポニチ

 映画祭「第19回東京フィルメックス」(東京・有楽町朝日ホールなど、11月17〜25日)のラインアップ発表会見が4日、都内で開かれた。

 昨年までオフィス北野の森昌行社長(65)が理事長を務めていたが今年3月に退任。オフィス北野の支援がなくなったことで開催が危ぶまれていたが、新たに木下グループが運営に協力する。

 プロデューサーの市山尚三氏は「規模の縮小も考えたが、協賛を得られて例年通りに開くことができホッとしている」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年10月5日のニュース