NHK部長がセクハラで停職3カ月 紅白歌合戦の責任者も務める

[ 2018年9月28日 18:19 ]

 NHK制作局エンターテインメント番組部の部長だった男性職員が、NHK内部の女性にセクハラ行為をしたとして今年8月、停職3カ月の懲戒処分を受けていたことが28日、分かった。男性職員は2016年と17年に紅白歌合戦の責任者を務めていた。

 関係者によると、男性職員から17年春ごろに被害を受けたと、女性から訴えがあり、内部調査を進めた結果、セクハラ行為があったと認定したという。男性職員は今年6月、制作局とは別の局に異動となった。

 男性職員は芸能音楽番組畑が長く、紅白歌合戦のチーフプロデューサーなどを歴任。紅白の司会者や出場歌手の選定に携わっていた。

 NHK広報局は「NHKは『ハラスメント防止規程』を定め、厳格に対応しています。セクハラに該当する行為があれば、内規に従って厳正に対処しています」とコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月28日のニュース