松本人志“クレイジー”なことは走行中のタバコのポイ捨て、設楽は相方・日村のダイエット!?

[ 2018年8月6日 20:25 ]

「クレイジージャーニーゴールデンSP」取材会に登場した(左から)小池栄子、松本人志、設楽統
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)、バナナマンの設楽統(45)、小池栄子(37)が6日、都内でTBSのバラエティー番組「クレイジージャーニーゴールデンSP」(8日後9・00)の収録後、囲み取材を行った。

 2015年元旦に放送され、その後同年4月から深夜でレギュラー化した同番組は、常人離れした旅人を紹介していくバラエティー。同番組の人気の理由を聞かれた松本は「我々も本当に感動しながらやっているので、それが視聴者に伝わっているのでは」と分析。自身の番組「『水曜日のダウンタウン』に変わってコレになる」と話して笑いを誘った。

 また、タイトルにかけて最近周りで起きた“クレイジー”なことを聞かれた松本は「ツイッターでもつぶやいたんですが、道路の真ん中で走行中にタバコのポイ捨てする奴。最低の方のクレイジーですね」と怒りがおさまらない様子。

 そして設楽は新婚の相方・日村勇紀(46)のエピソードを披露。「ライブの期間中みんなでダイエットをやってて、日村も今回ウォーキングを1時間くらいやってた。でも出かける時に奥さんに内緒で500円を持って出て、帰りにソバを食って帰ってくる。そのおつりも神社で(賽銭にして)“痩せますように”ってお願いしてた。でも家に帰ってきてバレないように奥さんのご飯も食べるから2重に食べてた。クレイジーだと思った」と明かして、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年8月6日のニュース