ポール・マッカートニーがビートルズの聖地「キャバーン・クラブ」で無料のゲリラ・ライブ ファン熱狂

[ 2018年7月27日 10:58 ]

「サプライズ・チケット」を手にしたファン(AP)
Photo By AP

 ポール・マッカートニー(76)が26日、ビートルズの草創期に演奏ステージに立っていた英リバプールの「キャバーン・クラブ」でサプライズ公演を行い、「LOVE ME DO」「I SAW HER STANDING THERE」「GET BACK」などの“オールディーズ”から、最新アルバム「EGYPT STATION」からのナンバーを含めて2時間にわたって28曲を演奏した。

 この日はまさにゲリラ・ライブ。突然「本日午後2時よりキャバーン・クラブで演奏します。スペースはとても限られていますが午前10時から先着順にチケットを無料配布します」というツイートがあり、ファンが殺到した。AP通信によればプラチナ・チケットを入手できたのはわずか270人。マッカートニーは「リバプールとキャバーン。ともに寄り添っているいい言葉だ」とあいさつして歌い始めた。

 英BBCによるとマッカートニーがキャバーン・クラブのステージに立ったのは19年ぶり。この日は観客の1人が禁止している撮影を行ったために演奏が一時中止となり、この観客はクラブから追い出された。

 ビートルズがキャバーン・クラブで初めて演奏したのは1961年。マッカートニーは23日にもアビー・ロード・スタジオでサプライズ演奏を行っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年7月27日のニュース