戸田恵梨香 若年性アルツハイマー女医に、TBS10月期新ドラマで難役挑戦

[ 2018年7月26日 06:00 ]

TBS10月期ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」に主演する戸田恵梨香とムロツヨシ(C)TBS
Photo By 提供写真

 女優の戸田恵梨香(29)が10月スタートのTBSドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」(金曜後10・00)で、34歳で若年性アルツハイマーを発症する医師という難役に挑む。

 取材に応じた戸田は「知り合いに若年性アルツハイマーの方がいて、企画の段階で“この人のためにやろう”と決めました」と明かした。「“忘れる瞬間”を実際に目の前で見たこともあります。忘れてしまうことへの恐れを表現できたら」と意気込みを語った。

 小説家役のムロツヨシ(42)との純愛も描かれる。ムロとはプライベートでも食事するなど10年来の友人。戸田が「お相手を聞いて、ムロさん?って思いました。結構心配してます。顔見ただけで笑っちゃう」と言えば、ムロは「戸田さんサイドは(僕で)OK出してるの?本気で好きになっちゃうかもしれませんよ。だって戸田恵梨香ですよ?」と話すなど息の合ったところを見せた。

 「たくさんの方に共感してもらえて、生きる力を届けてくれる作品になれば」と戸田。さらに「誰しもがなる可能性がある病気。そうなった時、周りがどう支え、どう向き合っていけるか」と、ドラマを通じて若年性アルツハイマーへの理解が進むことを願った。

 ◇若年性アルツハイマー 64歳以下で発症するアルツハイマー症のこと。患者は全国で推計約3万8000人いるといわれる。認知症の症状の一つで、脳が萎縮することで記憶や思考、行動に問題をきたす。初期症状として日付が分からなかったり、通い慣れた場所に行けなくなったりすることがある。早期に診断を受ければ治療で症状を抑えられることもある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年7月26日のニュース