「半分、青い。」に有田哲平 北川悦吏子氏「イケメンの決定打」永野芽郁はノリ突っ込み教わる

[ 2018年7月19日 17:15 ]

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で朝ドラに初出演することが決まった「くりぃむしちゅー」の有田哲平
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平(47)がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)で朝ドラに初出演することが決まり19日、番組公式サイトで発表された。有田が演じるのは、ヒロインの人生に大きな影響を与えるキーマンで、様々な事業を展開している“うさんくさい男”津曲(つまがり)雅彦役。脚本を手掛ける北川悦吏子氏(56)は「終盤のキーパーソンとなる怪しい怪しい津曲を演じるのが、有田哲平さん!!佐藤健、中村雅俊、豊川悦司、谷原章介、斎藤工、中村倫也、間宮祥太朗、志尊淳(敬称略)などなど、イケメン祭りできて、なぜ、最後の最後に、有田さんなのか?!イケメンの決定打が有田さん!納得がいかない!もしくは、すごく楽しみ!いろんな意見があると思いますが、ぜひぜひ、『半分、青い。』最終パートをとくと、ご覧ください」と呼び掛け「そこに、有田さんでなければならなかった、理由が、あります」と手応えを示している。

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生んだ北川氏のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 現在、映画監督の卵・涼次(間宮祥太朗)と結婚し、100円ショップ「大納言」に勤める鈴愛の人生は今後“モノづくり”という新たなステージに進み、有田が演じるのは津曲雅彦という岐阜・梟町のつくし食堂に突然現れたうさんくさい男。かつては大手広告代理店に勤めていたが、独立し“ヒットエンドラン”という会社を立ち上げ。商品プランニング、マーケティング、コンサルティング…様々な事業を展開しているというが、具体的に何をしているかは不明。後に鈴愛の人生に大きな影響を与える。

 永野は「怒濤の人生を歩むスズメとは対照的に、安定の岐阜のつくし食堂にも新しいキャラクターが登場してきます。健人(小関裕太)と麗子(山田真歩)の2人のお芝居は本当におもしろくて、気になってしまって自分のセリフに集中できないくらいでした(笑)。そして、スズメの人生にもまた、新しい出会いが待っています。小西(真奈美)さん演じられる恵子は、「半分、青い。」史上最強のビジュアルインパクトで一緒にお芝居するのに期待が膨らんでいます。有田さんには撮影の合間に、ノリ突っ込みを教えていただきました!」と新キャストとの芝居を楽しんでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年7月19日のニュース