松也×チェリスト 異色コラボ「新たなことに挑戦するのはすごく楽しい」

[ 2018年7月12日 10:17 ]

14日の公演「響」で共演するチェリストの新倉瞳と尾上松也
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の尾上松也(33)とチェリストの新倉瞳(33)による異色のコラボ公演「響―ひびき―」が14日、東京・サントリーホールのブルーローズ(小ホール)で開催される。

 宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」を題材に新倉がチェロを演奏、松也が踊りやセリフを交え「セロの精」や動物たちを演じる。松也は「新たなことに挑戦するのはすごく楽しい」と意欲満々。新倉も「想像以上のものができました」と手応えを語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年7月12日のニュース