PR:

人気特撮ドラマ「マッハバロン」俳優の下塚誠さん死去 64歳 16年に末期がん告白

死去した下塚誠さん
Photo By 提供写真

 1974年の人気特撮ドラマ「スーパーロボット マッハバロン」などで知られる俳優の下塚誠(しもつか・まこと=本名・一二=かつじ)さんが7日に死去したことが8日、分かった。64歳。兵庫県神戸市出身。

 所属事務所によれば、2015年秋に咽頭がんを発症し、手術したものの、翌年、肺に転移。下塚さんは16年に末期の肺がんを患っていることを告白していた。

 その後、自宅で療養を続けながら、経営する洋風居酒屋「レモンタイム」の店先に自ら立ち、接客をしていた。発病後も、体調と相談しながらイベントやドラマに出演したが、今年の春頃から体調が悪化。亡くなる数日前に都内の病院に入院し、7日に息を引き取ったという。

 通夜は15日午後6時から、葬儀・告別式は16日午前11時から神奈川県相模原市南区上鶴間本町3の8の2、釈迦堂暁心殿で。喪主は長女・下塚智子(ともこ)さん。

 息子で俳優の下塚恭平(38)も自身のツイッターで「昨日、私の父、俳優の下塚誠ががんを患って、死去しました」と報告。「父とは、会えば口げんかばかりしていて、ずっと疎遠でしたが、憧れの存在であり、私が俳優になる上で多大な影響を与えてくれた存在です。ずっと反対され続けてましたけどね。何一つ期待に応えられなくて、ごめんなさい。安らかにお眠りください」とつづった。

 下塚さんは東京新社タレント養成所1期生。74年、日本テレビ「スーパーロボット マッハバロン」の主役に抜擢され、本格的デビュー。NHK銀河テレビ小説「昭和の青春シリーズ4 早春の光」、フジテレビ「銭形平次」などに出演した。16年6月に千葉テレビで放映された「越後怪談」シリーズのストーリーテラーが、俳優として最後の仕事となった。

[ 2018年7月8日 17:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月21日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル