玉川徹氏 日本代表のパス回しに疑問「最後の最後に消極的でいいのか」

[ 2018年6月29日 12:39 ]

<日本・ポーランド>日本代表の時間稼ぎに場内はブーイング(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏(55)が29日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜前8・00)に生出演し、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本―ポーランド戦で、日本が1点リードされながらも最後の数分間をパス回しで時間稼ぎに徹したプレーについて疑問を呈した。

 パス回しを「ネガティブな戦術。積極的な戦術ではない」と指摘。日本代表の前評判は高くなく、「1勝すらできないと言われていたチームだった」とし、「積極的にやって、コロンビアに勝ってここまで来ている。最後の最後に消極的なことをやっていいのか。将来的なことを含めて、これからのトーナメントへの影響とか、疑問です」と話した。その上で「勝ちに行く姿勢がなかったら、いずれ優勝なんかできない」「日本は実力的に絶対に強いチームじゃないわけだから、常に勝とう勝とうと思ってやっていかなかったらダメ」と持論を展開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年6月29日のニュース