加藤シゲアキ 生番組で謝罪「自分に失望しています」 国分太一「信頼回復に近道はない」

[ 2018年6月9日 05:30 ]

「NEWS」の加藤シゲアキ
Photo By スポニチ

 未成年の女性と飲酒したとして、NEWS小山慶一郎(34)の当面の活動自粛、加藤シゲアキ(30)の厳重注意処分をジャニーズ事務所が発表してから一夜明けた8日、加藤が金曜レギュラーコメンテーターを務めるTBS「ビビット」(前8・00)に生出演した。加藤は「情報番組に関わる者として自覚が足りなかった。自分に失望しています」と謝罪した。

 女性との食事会は昨年末。小山が女性に一気飲みを促すような掛け声をし、加藤は制止しなかった。加藤は番組で、未成年という認識がなかったことを改めて説明。その上で「掛け声を制止することができず、深く反省しております。今思えば、場の空気がしらけても僕が嫌われても止めるべきだった」と神妙に話した。

 NEWSの残り2人、増田貴久(31)と手越祐也(30)には「このことが発覚した時“本当に申し訳ない”と2人で謝罪しました」といい、「しっかり受け止めてくれました」と話した。

 番組の司会はジャニーズの先輩、TOKIOの国分太一(43)で「信頼回復に近道はない」と深い反省と今後の責任ある行動を促した。国分は4月に元TOKIOの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつで書類送検されて以降、連日番組でコメント。続けざまの事務所内のトラブルに悲痛な表情で「言える立場ではないですけど、この報道でファンの皆さんを悲しませてしまった」と語り掛けると、加藤はうつむき気味に耳を傾けた。

 加藤は番組終了まで出演。他の出演者が笑い合う中で表情が硬い場面もあり、動揺の深さをうかがわせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年6月9日のニュース