榮倉奈々 15パターンに感心「現代っぽいですよね」

[ 2018年5月16日 05:30 ]

映画「家の買えると妻が必ず死んだふりをしています。」の完成披露試写会に出席し、劇中に登場するワニの人形を手にする(左から)野々すみ花、安田顕、榮倉奈々、大谷亮平、李闘士男監督
Photo By スポニチ

 女優の榮倉奈々(30)が15日、都内で「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(6月8日公開、監督李闘士男)の完成披露試写会に出席した。

 「Yahoo!知恵袋」伝説の投稿を実写映画化。榮倉は「現代っぽいですよね」と作品の成り立ちに感心。ワニに食われたり矢で射抜かれたり、15パターンの“死んだふり”を披露する。「死んだふりの後のシーンが好きです」とPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月16日のニュース