元TOKIO山口「メンバーを楽にさせたい」城島語った契約解除の内情

[ 2018年5月13日 05:30 ]

TOKIOの城島茂
Photo By スポニチ

 TOKIOの城島茂(47)が12日、司会を務めるテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」に出演し、強制わいせつ容疑で書類送検(のち起訴猶予)された山口達也(46)がジャニーズ事務所を契約解除となった経緯を説明した。

 契約解除は、城島が6日にメンバーを代表してジャニー喜多川社長と協議して決まった。その席でジャニー社長は「(山口から)電話が事前にあり“メンバーを楽にさせたい。辞めさせてほしい”と言ってきた」と明かしたという。城島は、山口から自身にも電話があったとし「酒はきっちりやめ、ちゃんと治していく」との決意に加え「TOKIOの名前を残してほしい」と伝えられたことを明かした。城島は「“ちゃんと向き合って頑張ってくれ”と話した。男としての付き合いは一生続く」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年5月13日のニュース