小柳ルミ子、イチ推しは中島翔哉!W代表メンバーを大胆予想

[ 2018年5月13日 05:30 ]

23人の日本代表メンバーを予想した小柳ルミ子
Photo By スポニチ

 歌手の小柳ルミ子(65)が12日、都内で、自身初のサッカー本となる「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」の刊行記念イベントを行った。年間2000試合以上を観戦する、芸能界屈指のサッカー通。趣味が高じて出版に至ったことを「夢のようで…。新曲発売よりもうれしいかも」と涙を流して喜んだ。

 イベントでは、6月14日に開幕するサッカーW杯ロシア大会の日本代表メンバー23人を予想した。その中で注目選手に指名したのは、ポルトガル1部・ポルティモネンセのFW中島翔哉(23)。身長1メートル64と小柄ながら鋭いドリブルを武器にする若きエースで、「小柄でおとなしい子が常にゴールに向かうメンタルに注目しました」と説明。「インタビューでも、とても真面目で、謙虚で、素直でいい人なんです」と人柄にもぞっこんの様子だった。

 一方で「説教したい選手」に挙げたのはFW本田圭佑(31)、MF香川真司(29)、FW岡崎慎司(32)。中でも香川と岡崎については“ルミ子ジャパン”のメンバーからも外し「ケガが間に合いそうもない。そこもダメ。世界一流の選手はケガが少ないですからね」と厳しく指摘した。

 日本代表はグループリーグでコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する。勝敗予想を求められると「本音と建前があるので…」と苦笑いで断った。

 「1試合でも多く、日本代表がピッチの上で輝く姿を見たい。1勝2分けでグループリーグを突破してほしい」と願望を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年5月13日のニュース