禁煙したて役所広司 吸いまくる刑事役「忘れかけてたのに」 

[ 2018年5月6日 05:30 ]

映画「孤狼の血」特別展のテープカットを行う役所広司と原作者の柚月裕子さん
Photo By スポニチ

 俳優の役所広司(62)が5日、東京・紀伊国屋書店新宿本店で主演映画「孤狼の血」(監督白石和彌、12日公開)の特別展開催記念イベントに出席した。

 1988年の広島が舞台で、暴力団との癒着が噂される刑事役。タバコを吸うシーンが多く「禁煙をしたばっかりの時にこの役が来た。せっかく忘れかけてたのに」と苦笑い。司会から「(喫煙は)復活した?」と聞かれると「それは大丈夫です」と禁煙が続いていると明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年5月6日のニュース