堺正章 渋谷決断に助言「行きたいから辞めるという気持ちで」

[ 2018年4月17日 05:30 ]

クラシックカーで1100キロを完走し、笑顔の堺正章
Photo By スポニチ

 歌手でタレントの堺正章(71)が16日、ジャニーズ事務所退所とグループ脱退を発表した渋谷に対して「それも一つの決断。まだ若いからチャンスはある。うまくいくといいね」とエールを送った。

 昨年の読売系音楽番組「ベストアーティスト」などで共演。グループ、ソロ両方の苦楽を知る歌手の大先輩として「仲間がいなくなるすがすがしさと、頼る者がなくなる大変さの両方を今後味わうと思う」とおもんぱかり、「辞めたいから行くんじゃなく、行きたいから辞めるという気持ちを常に持って」と助言した。

 堺はクラシックカーで公道1100キロを走る「ラ・フェスタ プリマベラ2018」に出場。13日に愛知・熱田神宮を出発しこの日、京都・岡崎公園にゴールした。愛車「マセラティ ミストラル」(1967年式)の部品トラブルを乗り越え、「何とか完走しました!僕は乾燥してますけど」と苦笑い。「(体力的には)キツイけど、生涯現役でやりたい」と今後の出場にも意欲を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年4月17日のニュース