PR:

すばるを引き留めたい…関ジャニメンバーで2度会談 村上、第一声は「なんでやっ」

会見を行う関ジャニ∞のメンバー(左から)横山裕、丸山隆平、大倉忠義、渋谷すばる、錦戸亮、村上信五
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所の人気グループ「関ジャニ∞」が15日、都内のホテルで記者会見を開き、メンバーの渋谷すばる(36)が12月31日をもってジャニーズ事務所を退所することを発表した。

 渋谷の決断は1月。その後、メンバー7人での話し合いは2回行い、それぞれに連絡も取り合ったという。メンバーはこういう結論に至ったことに対し、ファンへの謝罪と大きな決断をした渋谷の意思を尊重する思いを明かした。

 どういう言葉で引き留めたのか?という質問に、横山裕(36)は「(渋谷が)歌に命がけだったことは知っていた。それを関ジャニ∞と夢を見ることはできないのかな、とかいろいろな思いは伝えました」とし、それでも「すばるはそんな中途半端な思いで言うやつではない。背中を押さなければならないし、下を向いていられないという思いでした」とコメント。丸山隆平(34)は「好きすぎて何も言えませんでした」。大倉忠義(32)も当初は「関ジャニでは叶えられない夢なのか」「日本にいて勉強できるんじゃないか」と思いをぶつけたといい、「俺たちのことも考えた上での決断だったのでもう言うことはなかった」。錦戸亮(33)は「すばる君がしつこいなって思うぐらい僕らは必死でした」と必死で説得したことを明かし、「でも思いを聞いたら背中を押すしかないなと。行動しようとしたモチベーションがそちらにあるのなら止めることはできない」と続けた。

 村上信五(36)は「話を聞いた時の第一声は『なんでやっ』でした。それは嫌でしたね」と素直な思いを吐露。それでも「腹をくくっているのは目を見れば分かりました」とし、「そこまで言うのであれば幼馴染みとしては頑張って来い、これしかなかった」を仲間の決断を受け入れた。

 渋谷は「家族よりも長く時間をすごしてきた人たちなので、中途半端な覚悟では何もできなくて。全員命がけでやってきて今があると思うので、心からの感謝と心からの申し訳ない気持ちです」。メンバー同席での会見という異例の発表となったことに、「自分のことなので、自分だけでもよかったのかもしれませんが、(メンバーも同席してくれて)本当にありがたいです」。ほかのメンバーは「ファンのため」であることを強調した。

[ 2018年4月15日 14:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月18日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル