misono、ルール違反のファンに苦言 オファー減少への影響明かす

[ 2018年4月11日 08:03 ]

歌手のmisono
Photo By スポニチ

 歌手のmisono(33)が10日、自身のブログを更新。「入り待ち」「出待ち」を巡ってルール違反を繰り返すファンに苦言を呈した。

 出演する番組の収録についてブログにつづったmisono。続けて、「この日に限らず“入り出待ち”は、禁止なのですが…。それでも『まだしてしまう人』がいるため…言いたくないんだけど、書きます」と切り出し、「(収録の)スタジオが、原宿の“ド真ん中”だから…苦情もきてしまう訳だし。『クレームがきてるからmisonoさんは対応しないで下さい』と、よく周りの人から言われる」と明かした。

 「『結局はmisonoが、終わってからも“会話&サイン”を1人1人にしてしまうからだよ』と…注意されてきたから、こうなってしまったのは、自分が原因なんだけどさ」と自分にも非があることを認めつつ、「マナーを守ってる人もいる訳だから『ズルイ』『羨ましい』ってなるし、“ルール違反”をしてる人の方が『良い想いをする現場』って、どうなんだろうか?!」と疑問を呈した。

 また、ファン対応をしたために近隣に迷惑となる騒動に発展し、仕事のオファーが来なくなった過去も明かし、「全て自分のせいだから、怒ってもいないし…嫌いにもならないし。許してきた(目をつむってきた)けどさ?!もし!misonoのみならず“美苑”の事まで、愛してくれてるんだとしたら…ご協力、宜しくお願いします」とファンに呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年4月11日のニュース