加山雄三の船の管理会社 出火当日にエアコン点検していた

[ 2018年4月2日 19:53 ]

激しく炎上する加山雄三が事実上のオーナーの「光進丸」=1日午後10時ごろ、静岡県西伊豆町
Photo By 共同

 静岡県西伊豆町の港で、俳優で歌手の加山雄三が事実上のオーナーのプレジャーボート「光進丸」が炎上した火災で、出火当日に船内でエアコンなどの点検が行われていたことが2日、下田署への取材で分かった。同署は出火との関連の有無を調べる。

 同署によると、船を管理する地元の船舶修繕会社の従業員が1日午後1時ごろから約1時間、船内で作業した。エアコンは、カビの発生を防ぐため常時稼働しており、点検でも異常はなかったという。

 火災は1日午後に発生。出火当時、船は無人でけが人はいなかった。下田署などは鎮火を待って、3日以降に現場検証し、出火原因を調べる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年4月2日のニュース