加山雄三「光進丸」炎上、自ら設計の3代目 本人は沖縄公演中

[ 2018年4月2日 05:30 ]

「光進丸」のかじを取る加山雄三
Photo By スポニチ

 俳優で歌手の加山雄三(80)の船として知られる光進丸が炎上した。静岡県西伊豆町で1日午後9時25分ごろ、「船が燃えている」と119番があった。下田署や下田海上保安部などが原因を調べている。所属事務所によると、加山本人は沖縄でコンサート中だったという。当時は誰も乗っていなかった。

 光進丸は、加山自身が設計した全長30メートルを超える船で“海の男”加山の象徴。78年には同名のシングルも発売している。1964年に初代を建造し、翌65年公開の主演映画「海の若大将」にも登場。現在の船は1982年に建造した3代目だった。

 地元消防などによると、現場は安良里港。光進丸以外に停泊している船はなかったという。ケガ人の情報は入っていない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年4月2日のニュース