「ジャニーズ銀座」今年は11人で50公演超え ジャニカル&ライブ2本立

[ 2018年2月23日 05:00 ]

フォトセッションで笑顔でガッツポーズするHiHi Jetの(前列左から)作間龍斗、井上瑞稀、高橋優斗、橋本涼、猪狩蒼弥、東京B少年の(後列同)浮所飛貴、金指一世、佐藤龍我、那須雄登、藤井直樹、岩崎大昇
Photo By スポニチ

 ジャニーズJr.の人気グループ「HiHi Jet」と「東京B少年」が22日、都内で主演する公演「ジャニーズ銀座2018」の製作発表会に登場した。

 ジャニーズ事務所の若手アイドルによる恒例公演。例年は多数のグループが日替わりで出演していたが、今年は2グループの計11人だけで50公演以上を上演。平均年齢は15・8歳で、HiHi Jetの高橋優斗(18)は「次世代のニュースターは僕たちだと、自覚を持ってやりたい」と力を込めた。

 ジャニカルとライブの2本立ての構成。「ジャニカル」とは、ジャニーズとミュージカルの造語。事務所の歴史に残る名曲にストーリーを加えて送るミュージカルとなる。

 また、4人組のHiHi Jetに新たに作間龍斗(15)が加入。「プレッシャーはあるけど素晴らしいパフォーマンスをお見せできるよう努力したい」とあいさつした。

 4月29日〜6月3日に東京・日比谷のシアタークリエで上演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月23日のニュース