高橋一生 美術館音声解説「眠くなる声と…ハキハキしゃべりたい」

[ 2018年2月9日 06:45 ]

「ルーブル美術館展」でオフィシャルサポーターを務める高橋一生
Photo By スポニチ

 俳優の高橋一生(37)が8日、都内で行われた「ルーヴル美術館展 肖像芸術│人は人をどう表現してきたか」(東京・国立新美術館、5月30日初日)の記者発表会に出席した。

 オフィシャルサポーターに起用され、音声解説を務める。プライベートで美術館に通うほどのアート通。サポーターは光栄に感じながらも、音声解説については「眠くなる声と言われる。皆さんが眠くならず、美術品にフォーカスできるようにハキハキとしゃべりたい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月9日のニュース