海老蔵「辛いです」勸玄くんが母の死を明確に認識、初めて涙流す

[ 2018年1月27日 16:23 ]

市川海老蔵と勸玄くん
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)が27日、自身のブログを更新。乳がんのため昨年6月22日に亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)の死を長男の勸玄(かんげん)くん(4)が認識し、初めて涙を見せたことを明かした。

 海老蔵は「二人が」とのタイトルでエントリー。「いまママがいない事を悲しんで涙ながしていました。勸玄が明確に認識して涙を流した事を初めて見ました。わかるよ。としか言えない父親、抱きしめるしかできない父親、辛いです」とつづった。

 麻央さんが亡くなった7カ月前の子どもたちの様子について海老蔵はこれまで長女・麗禾(れいか)ちゃん(6)は理解しているものの、幼い勸玄くんは完全には認識していないとし、昨年12月24日放送のフジテレビ系ニュース番組「Mr.サンデー」にVTR出演した際には「動かない麻央を見てニコニコしている姿が辛かった。分からないんだなって。どうしようって」と麻央さんが息をひきとった後の勸玄くんの様子を回想していた。

 母の死を明確に認識した愛息の様子を「辛いです」とつづった海老蔵。「母親の温もりを沢山感じさせてあげたい思いが私の中で大きなものとなっています」と自らに語りかけるように記した。

続きを表示

2018年1月27日のニュース