EXO渋谷ジャック!“初上陸”寒〜い一日熱風吹いた

[ 2018年1月26日 05:30 ]

渋谷ジャックしたEXO(前列左から)チャンヨル、ディオ、スホ、チェン(後列左から)ベクヒョン、シウミン、セフン、カイ
Photo By 提供写真

 韓国の9人組人気ユニット「EXO(エクソ)」が25日、東京・渋谷を“ジャック”した。メンバーが渋谷でイベントを行い、街中では大々的な広告を展開。渋谷はメンバーを一目見ようと熱烈なファンでごった返し、記録的な寒さを吹き飛ばす熱い一日となった。

 日本初のアルバム「COUNTDOWN」(31日発売)のリリース記念として“渋谷初上陸”を企画。これまでも、15年11月の日本デビュー曲「Love Me Right」などで渋谷で広告展開をしてきたが、本人たちが姿を見せることはなかった。

 まずは、ネット動画の生中継のため、TOHOシネマズ渋谷にメンバー8人が登場。約100倍の応募倍率で選ばれたファン250人を前にトークショーなどを行った。ディオ(25)は「渋谷の皆さん初めまして。とても寒いので風邪に気をつけてください」と日本語で呼び掛けた。

 続いてタワーレコード渋谷店や渋谷マルイを訪問し、行く先々で大歓声を浴びた。通りには巨大広告やフラッグが掲げられ、広告バスが何台も行き交い、EXO一色となった。

 勢いはとどまることを知らない。15年11月にデビュー3年7カ月でドーム公演(東京、大阪)を行い、米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」が持つ海外アーティスト史上最速の記録(4年)を更新。昨年7月に韓国で発売したアルバムの表題曲「Ko Ko Bop」は昨年1年間で全世界で最もツイートされた曲名となるなど、人気はワールドワイドだ。

 今月27、28日、来月23、24日に日本で4公演を行い、計14万人を動員する予定。チャンヨル(25)は「これからも日本でたくさん活動したい。日本語も一生懸命、勉強します」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月26日のニュース