“地下芸人”チャンス大城「すべらない話」に新風!スタッフ衝撃「こんな人がいたんだ」

[ 2018年1月20日 09:00 ]

「人志松本のすべらない話」に初参戦するチャンス大城(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 “地下アイドル”ならぬ“地下芸人”の異名を持つピン芸人・チャンス大城(42)が20日放送のフジテレビ「人志松本のすべらない話」(後9・00)に初参戦する。NSC(吉本総合芸能学院)大阪校8期生で、千原ジュニア(43)らと同期。ジュニアが「30年、世に出てこなかった」と語る異才が、ついに全国区デビューを果たす。破壊力抜群のトークを披露し、32回目を迎える話芸の祭典に新風を吹き込む。

 大城は今回、オーディションに参加。だいたい1人15〜20分に収めるところを、大城の時はスタッフの笑いが止まらず、1時間に及んだ。大城の後に待機していた芸人たちが「一体、何があったんですか?」と驚いたほどだった。

 この10年ほど事務所に所属しておらず、フリーで活動。オーディションは各事務所に案内されるため、フリーの芸人にまで、なかなか行き届かない。今回、大城が参加に至ったのはジュニアの推薦だった。

 ある日、お笑いコンビ「飛石連休」の岩見よしまさ(38)と自宅で飲むことになり、大城が自分の部屋を片付けていると、大阪NSC時代につけていた同期の“採点表”が出てきた。FUJIWARA10点、千原兄弟5点などと書いてあった。「これはまずいと。岩見さんに内緒にしてくださいと頼んだんですが、岩見さんがこっそり写メを撮って(千原)せいじさんに送ってしまって」。その“採点表”が千原兄弟のトークライブ「チハラトーク」で拡大スクリーンに映されて明るみになり、ジュニアが“激怒”。「今度、アイツを呼べ」。昨年7月のチハラトークにゲスト出演。かつてヤンキーにいじめられた話などが大ウケした。ジュニアが「今度、『すべらない話』のスタッフに話を聞いてもらったらいい」と勧めた。

 演出を担当した同局・矢崎裕明氏も「オーディションで何百人も見た中で、こんな人がまだ残っていたんだと、久々に衝撃を受けました。何でもないような事象をおもしろく話す『すべらない話』もありますが、チャンスさんの場合は育ってきて家庭環境など、持っている事象がそもそもとんでもないんです」と大城の出演を“即決”した。

 本人いわく、テレビ出演は「7回目ぐらい」、フジテレビを訪れたのも「15年ぶりぐらい」。夢の大舞台に「公園で野球をしている人間が急に東京ドームに呼ばれたら、めちゃめちゃ緊張しますよね。頂上決戦ですから、それはもう入れ込んで、構えてしまいました。もう少し、感覚でしゃべってもよかったと思います。意外と飲み屋で軽くしゃべった時の方がよかったりするんですよね。奥深いなぁと思いました」と反省の弁が口を突いたが、本番中は硬い様子も見られず、爆笑をかっさらう。

 ダウンタウンの松本人志(54)は「松本さんがいなかったら、僕、お笑いをやっていないですからね」という“恩人”。実は素人の時、松本と共演している。夕方に大人気を誇った大阪・毎日放送「4時ですよーだ」(1987〜89年)。中学2年の時、松本がラジオで「おもしろいヤツはいじめられなくなる」と言っていたことに背中を押され、番組オーディションを突破。視聴者参加コーナーでコントを披露し、優勝。賞品としてゲーム機「セガ・マスターシステム」を獲得した。

 「次の日、学校に行ったら、すぐ番長に取られました。『おまえ、ダウンタウンからもらったやつ、今すぐ家に帰って取ってこい』。僕、1回も(ゲームを)やっていないです」。ただ、その後、いじめは減り「ダウンタウンさんが救ってくれました」と感謝した。

 普段は「勝手に公民館みたいなところでライブをやったり。お客さんは3〜4人だったり。この間は挙動不審の芸人ばかり集めて『挙動不審寄席』をやりました。MCまで挙動不審なので、イジらずイジられずで、おいしい食材が腐っていくという。その時は(入場料)700円とかで、お客さんは40人ぐらい入りましたかね」という活動ぶり。その他、芸人仲間のライブに呼ばれ、トークなどを披露している苦労人が「すべらない話」と偶然、同時期に収録され、昨年12月21日に放送された同局「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」に小出真保(35)と出場。同局のドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」のモノマネで初優勝した。一躍、連続して脚光を浴びることになり「ある人に言われたんですが『あなたは29年間、お笑いの練習をしてきたんだ』と。やっと初の公式戦を2つ終えて、開幕です」

 13期生として大阪NSCに入り直し、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(42)らとも同期。「すべらない話」出演が決まると、芸人仲間から祝福の声が殺到。もともと実力は認められているだけに、同業者の期待も大きい。今後の目標は、大喜利の祭典「IPPONグランプリ」(フジテレビ)出場とドラマ出演。遅咲きのブレークの可能性は十分。「すべらない話」の反響が注目される。

 ◆第32回大会出演者 松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、宮根誠司、秋山竜次(ロバート)、春日俊彰(オードリー)、小籔千豊、せいや(霜降り明星)、チャンス大城、出川哲朗、兵動大樹(矢野・兵動)、星田英利、山内健司(かまいたち)、渡辺直美

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月20日のニュース